« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月27日 (金)

インターナショナルなヘアメークを目指して


2020年の東京オリンピックに向けてインターナショナルを目指し
現在英語を勉強中です。

というのも社長が聞かれている英会話のラジオ番組についての
お話しを聞いた事がきっかけでした。

英語のストーリーを5分間集中して聴く。
通勤中や音楽鑑賞の代わりに、などなど
たった5分聴くだけで6年後のオリンピックには
英語が喋れるようになるかもしれない。
積極的にコミュニケーションがとれるようになるかもしれない。
なんて考えると夢が広がります。

以前仕事で外国のモデルさんとお会いする機会もあり
その時はまだコミュニケーションもとれずにいましたが
これからは各国の文化の違いや考え方にも触れていく事で
ヘアメークとしてまた一歩前進する事も目標の一つです。

5分間のストーリーを聴き始めてから
少しずつ分かってくると嬉しいし楽しいんです。
そしてスタッフ間でストーリーについて話が出来ることもすごく嬉しい。
まだまだこれからですが6年後、インターナショナルなヘアメークを目指して
引き続き頑張ります。


重本ゆきえ

続きを読む »

2014年6月10日 (火)

引き出しの奥の宝物。

出番の少ない化粧品と一緒に引き出しの中でひっそりと身を置いていた、
黄色いバラ1輪が描かれたStrattonのコンパクトケース。
もう長いこと引き出しに入れっぱなしで、普段もあまり気に留めていませんでした。

先日、化粧品の整理をしている合い間にふと思いたち、
インターネットでStrattonを調べてみることに。
ステキなヴィンテージデザインを色々とみているうちに、
「コンパクトケースをパチンと開いて鏡をのぞきこむ、
大人の女性のエレガントな仕草。」への、
小さい頃の憧れと乙女心がよみがえってくると同時に、
今まで見向きもしなかったコンパクトへの愛情が急にわいてきて、
机の上にだしていつでも目に入る所に置くようにしてみました。

復活したコンパクトの存在感は、鏡に映る自分を見る時、
以前よりも優しい気持ちでメイクさせてくれている。そんな感じがして、
とても不思議な気分です。

皆さんも、ずっと使っていない引き出しや、しまいこんだ箱の蓋を
久しぶりに開けてみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、すっかり忘れていたステキなものがひょっこりでてきて、
それにまつわるエピソードやその頃の気持ちがよみがえり、
もしかしたら、もしかしたら、最近はちょっと忘れていた乙女心を
思い出して、それが日々のメイクの仕上がりを、
なんとなく変えてくれるかもしれません。


うらやま

フォトアルバム
Powered by Six Apart